円久寺へようこそ

円久寺(圓久寺)は、文明年間(1469〜1487)開創と伝えられる由緒正しい寺院で、
江戸時代には、鎌倉比企ヶ谷妙本寺の末寺でした。
関東大震災によって失われた本堂を再建し現在に至ります。
また、境内を取り囲む竹林が、美しさをよりいっそう引き立たせています。
円久寺の本堂の裏側周辺は、「北条氏常盤邸跡」として昭和53年に国の史跡に指定されており、
「コスモス寺」とも呼ばれています。

お坊さん紹介
由来・施設案内

円久寺の由来・縁起をはじめ、鎌倉のコスモス寺といわれる美しい景観を紹介します。

詳しくはこちらから
由来・施設案内
お坊さん紹介

円久寺の個性溢れるお坊さんの紹介です。自らの言葉で出家までの道程を語ります。

詳しくはこちらから